あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638465805/
    1 夜のけいちゃん ★ 2021/12/03(金) 02:23:25.37 ID:qjlf42xR9
    2021年12月3日 2時21分

    3日午前2時18分ごろ地震がありました。
    現在、震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。
    ▼震度4が、山梨東部富士五湖。
    今後の情報に注意してください。
    ソース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211203/k10013372361000.html
    【【地震】山梨県東部で震度4 富士五湖】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1638453455/
    1 Egg ★ 2021/12/02(木) 22:57:35.94 ID:CAP_USER9
    「うちのお客さんが現場を目撃したんだって。“いちゃもんをつけた人を蹴るのならまだわかるけど、助けに来た救急車を蹴るっていうのはお門違いじゃないの!?”って言ってたよ」(現場近くの飲食店店主)
     11月28日、穏やかな日曜日の午後4時半ごろに事件は起きた。JR恵比寿駅近くのパチンコ店で、歌手・鬼束ちひろ(41)が友人女性と2人でパチンコに興じていたところ、友人の体調が急変。鬼束は店員に事態を伝えて、救急車を呼んでもらった。間もなく店の前に救急車は駆けつけたのだが、
    「友人女性を乗せて救急車が走り出そうした時、鬼束さんがその救急車の後ろのほうを蹴った。現場に居合わせた60代ぐらいの通行人男性に嫌味を言われた彼女が、カッとなってなぜか救急車を……」(スポーツ紙記者)
    「私に嫌味を言った男が許せない」
     目撃者によると、救急車の蹴られた部分は手のひらほどの大きさの凹みがあったという。結局、友人女性は後から来た別の救急車で搬送された。
     蹴った鬼束はというと、救急車の車体を数センチ凹ませたとして、警視庁渋谷署に器物損壊の疑いで逮捕されるという事態に……。
     警察の取り調べに対して鬼束は、
    「自分が一番悪いというのはわかっているが、私に嫌味を言った男が許せない」
     と供述。これに対してネットでは、鬼束を擁護する意見も出ている。
    「“通行人男性の嫌味が最低だ!”と鬼束さんに同情する声もあがっています。事実かどうかはわかりませんが、通行人男性の発言がネットで拡散されているんです」(ウェブライター)
     その内容はこうだ。
    『ギャンブル中毒者なんて助けるな! 救急車を呼ぶのに税金が何万かかるか知ってんのか! そのまま野垂れ死にさせろ!』
     発言の真偽を確かめるべく、パチンコ店周辺を聞き込みするも、その発言を聞いた人は見つからなかった。そんななか、パチンコ店の常連客からはこんな話も。
    「最近はそうでもなかったけど、鬼束さんはちょっと前までは午後から夕方にかけて毎日のように店に来ていたよ」
     2000年にデビューして、『月光』『目眩』などヒット曲を連発した鬼束。そのスター性は隠せないようで、
    「いつも黒っぽい服を着ているけど、芸能人のオーラがものすごく出てるから“鬼束ちひろ”だとわかっていましたよ。いつもというわけではないけど、だいたい同い年ぐらいの友人女性と一緒に来ていたね」(同・常連客)
    だが事件直後、警視庁が行った薬物検査では、鬼束からアルコールや薬物は検出されなかったという。
     シラフで救急車を蹴るなんて余程のこと。通行人にどんな嫌味を言われたのか、ますます気になってしまう……。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/ecb972f32d3b77b1b47095837a27e790fb6d6645
    【【歌手】<鬼束ちひろをキレさせた通行人の“強烈な嫌味”>「事実なら最低!」同情の声】の続きを読む

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1638454369/
    1 蚯蚓φ ★ 2021/12/02(木) 23:12:49.03 ID:CAP_USER
    「一つの世代の研究者が減りました。深刻な問題です。」
    日本史学会長を務めるパク・フン、ソウル大東洋史学科教授は最近、日本史を研究する若い学者が急減したことに憂慮している。10年前だけでも1年に5人以上ずつ国内外で日本史博士学位取得者が出たが、この頃は1,2人に過ぎないという。東日本大地震とパンデミックにともなう余波もあるが、最近、韓日関係悪化が少なからぬ影響を及ぼしたという分析だ。
    実際、昨年チン・チャンス世宗(セジョン)研究所日本研究センター長が発表した「停滞期から衰退期に入った日本研究」論文によれば日本関連論文で博士学位を受けた研究者1633人(2019年基準)中、50代の割合が75%に達する。30,40代の若い研究者はますます減る様相だ。研究者の高齢化は研究力低下につながっている。14の主要学術誌に掲載された日本関連論文数は2012年1099編で2019年762編と約30%減った。
    このような雰囲気はただ学界だけではない。一般の人たちの日本に対する関心もますます冷めている。出版社「開かれた本」が今年5月に出した日本のベストセラー作家、サトウ・マサル(佐藤勝)の対談集「日本はどこへ向かうのか」は読書家の好評にもかかわらず、まだ初版1500部さえ消化できていない。
    日本の北方領土交渉を導いた外交官出身の佐藤勝は知の巨人、タチバナ・タカシ(立花隆)が生前自身の後継者と認めた作家。この本は佐藤勝が安倍晋三前総理を「反知性主義者」と批判するなど国内読者が関心を持つ様な内容を扱っているが、反響を起こせなかった。
    カン・ソンミン文壇代表は「日本を扱った本で国内出版市場に影響を及ぼすことができるパワーライターが著しく減り、最近では1,2人に過ぎない」と話した。
    何が原因か。パク・フン教授は学界を含む私たちの社会全般に「ジャパン パッシング(日本無視)」現象が深刻化しているためだと話す。過去には日本が憎くても習うことがある、という考えが支配的だったが、2000年代に入り韓国の地位が高まりながらそれさえも消えたということだ。
    2000年代以後に生まれた若い世代ほどこのような傾向がより強い。これと関連して最近、教育部が発表した「2022改訂教育過程」は若年層のジャパン パッシングを深める可能性が憂慮されている。教育部が2025年から適用する高校一般選択科目から日本史を含む東アジア史を除いたからだ。これに対し東洋史学会など6つの学術団体が教育部方針に反対する声明を出した。
    問題は日本の国力が私たちがパスできるレベルではないという事実だ。国際通貨基金によれば昨年、日本の国内総生産(GDP)は4兆9105億ドルで米国、中国に続き世界3位だ。しかも東アジアで中国が地域覇権国に浮上する状況で日本の戦略的価値は特別にならざるをえない。日本に対する関心と研究が持続的になされなければならない理由だ。
    中国を牽制し日本をテコにして私たちの国力を最大化することは好むと好まざるとに関わらず、日本をよく知らなければならない。克日を叫ぶ前に「彼を知り己を知らば、百戦殆(あやう)からず(知彼知己、百戦不殆)」から刻むことだ。
    キム・サンウン文化部次長



    ソース:東亜日報(韓国語)学界と出版界にまき起こった‘ジャパン パス’[光化門(クァンファムン)で/キム・サンウン]
    https://www.donga.com/news/Opinion/article/all/20211201/110556977/1
    【【韓国】学界や出版界、一般人まで広がる「ジャパン パッシング」現象~まだ無視できる段階では無い】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638454016/
    1 お断り ★ 2021/12/02(木) 23:06:56.07 ID:6um92H3r9
    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出
    多くのウイグル族が暮らす地域(新疆ウイグル自治区)にちなんで「新疆文書」と呼ばれる。習主席や李克強首相ら中国共産党の指導者たちが、ウイグル族や中国のほかのイスラム教徒に影響を及ぼす政策に直接つながる発言をしていたとしている。
    こうした政策には強制収容や大規模な不妊手術、強制的な中国への同化、「再教育」、拘束したウイグル族を工場で強制労働させることなどが含まれる。
    BBC 2021/12/1
    https://www.bbc.com/japanese/59486198
    【【速報】中国、ウイグル族に大規模な不妊手術を実施 習近平国家主席らの関与示す「新疆文書」が流出】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638452378/
    1 朝一から閉店までφ ★ 2021/12/02(木) 22:39:38.52 ID:ClAzI0Vu9
    2021年11月30日(火) 18時15分 更新 今日ドキッ!で放送
     楽しそうに歩きまわるポニー。幸せな時間は突然終わりました。
     カメラマンリポート
     「ポニーはこの場所で、撃たれた状態で立っていたということです」
     今月27日の夕方、夕張の私有地で、ペットとして飼われていたポニーが、シカ猟をしていたハンターに撃たれました。
     飼い主
     「15年くらいは一緒にいたので、まだまだ元気に育っていたので、びっくりした…悲しいですね」
     飼い主
     「私が会ったときには、獣医さんの判断で、ご飯を食べることは今後難しいので、このまま死ぬのを待つか、もしくは安楽死になるので、治療はできないということでした」
     顔を撃たれたポニー。獣医が安楽死させました。
     ポニーがいた放牧地は、柵の一部が壊されていました。ハンターが車で乗り入れるために壊したもので「誤って撃ったポニーを助けるためだった」と説明したといいます。
     飼い主
     「撃ってしまった後に、すぐ獣医さんなり警察に報告がなかった点については、どうしてなのかなって…早く獣医さんを呼んで処置してほしかった」
     飼い主の女性によりますと、ハンターは「クマと間違えて撃ってしまった」と話しています。警察は、飼育されている動物を撃つことを禁じる鳥獣保護法違反にあたる可能性もあるとみて、ハンターから事情を聴いています。

    11月30日(火)「今日ドキッ!」午後6時台
    https://www.hbc.co.jp/news/276839324cf5400a0bfdd2457808c2e6.html
    【【北海道】かわいがっていたポニー…クマと間違えてハンターが撃ち安楽死措置 飼い主の悲しみ 北海道夕張市】の続きを読む

    このページのトップヘ