あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: ニュース速報

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637365360/
    1 蚤の市 ★ 2021/11/20(土) 08:42:40.76 ID:ysn+RnV+9
     政府が19日にまとめた経済対策は、安倍・菅政権の取り組みをおおむね踏襲する内容だ。岸田文雄首相は「新しい資本主義実現会議」などの会議体を相次いで立ち上げ、独自色のアピールに腐心するが、成長戦略も分配政策もアベノミクスとの違いは見えにくい。(山口哲人)
     第2次岸田内閣発足後、首相は安倍政権の目玉政策だった「1億総活躍」などに関連する有識者会議と担当部署を廃止。一方、持論の「成長と分配の好循環」実現に向けて5つの会議体を新設し、経済対策につながる議論を担わせた。政策に「岸田色」を反映させる狙いからだ。
     だが、経済対策のメニューは安倍・菅政権で既に着手している政策が多く、新味は乏しい。今回、分配政策の柱の1つに据えたのが、看護や介護、保育などの現場で働く人の収入の引き上げだ。首相が9月の自民党総裁選で訴えた内容を具体化した格好だが、安倍政権も2015年に打ち出した「新・3本の矢」の一環で、保育士や介護職員の処遇改善に取り組んでいる。
     成長戦略も同様だ。「成長と分配の好循環」というフレーズは、安倍晋三元首相が16年の施政方針演説で用いたのと同じ。首相は分配よりも企業支援による経済成長を優先する姿勢を明確にしており、「アベノミクスと大きく変わらない」(閣僚経験者)のが実態。経済官庁幹部からは「誰も『新しい資本主義』が何か分からず、困っている」など辛辣な声も上がる。
    ◆識者「同じ失敗の繰り返しの恐れ」
     明治大公共政策大学院の田中秀明教授(政策研究)は、安倍・菅政権の9年で日本の競争力が低下したことを指摘し、「なぜ日本の成長力が上がらず、賃金が増えなかったのか、原因と問題を分析し、政策を省みない限り、同じ失敗の繰り返しになる恐れがある」と語った。
    東京新聞 2021年11月20日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/143767



    【岸田首相、経済対策でアベノミクスとの違い見えず 独自色アピールも新味乏しく(東京新聞)】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637352172/
    1 豆次郎 ★ 2021/11/20(土) 05:02:52.16 ID:47AD/XnW9
    駅バリアフリー化の整備費 運賃に最大10円上乗せ 国交省方針
    2021年11月20日 4時51分
    鉄道の駅のバリアフリー化のための整備費用を運賃に上乗せして利用者に負担してもらう制度を国が設けることになりました。
    東京・大阪・名古屋での導入を想定し、1回の乗車当たり最大10円の上乗せを見込んでいます。

    鉄道の駅のうち比較的利用者の少ない駅では、エレベーターや転落防止のホームドアが設置されていないなどバリアフリー化が進んでおらず、国土交通省は検討の結果、鉄道会社が運賃に整備費用を上乗せして利用者に負担してもらう制度を設ける方針を決めました。
    エリアは東京・大阪・名古屋の3大都市圏を想定していて、来年1月以降、導入を希望する鉄道会社からの届け出を受け付け、再来年春にもスタートさせたい考えです。
    運賃に上乗せする額は1回の乗車当たり最大10円を見込んでいますが、家計の負担に配慮し通学定期は上乗せが免除されます。
    駅のバリアフリー化をめぐっては一部の駅の整備費用を運賃上乗せという利用者全体で負担することへの不公平感なども指摘されていて、国土交通省は利用者から意見を募るパブリックコメントを行うなど制度の運用を慎重に進めることにしています。
    斉藤国土交通大臣は「財源確保が大きな課題で、利用者には『薄く広い負担』へのご理解をいただきたい」と話しています。
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211120/k10013355271000.html



    【【駅のバリアフリー化】運賃に最大10円上乗せ 🚃】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637336820/
    1 マスク着用のお願い ★ 2021/11/20(土) 00:47:00.09 ID:iIFqTR9f9
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000235733.html

    「五輪精神に反する」中国反発“ボイコット”示唆に
    オリンピックの「外交的ボイコット」に中国が反発しました。
     アメリカ、バイデン大統領:「(Q.北京五輪の『外交的ボイコット』を支持するか?)検討しているところだ」
     アメリカのバイデン大統領は18日、人権問題を念頭に来年2月の北京冬季オリンピックで政府関係者の出席を見送る外交的ボイコットを示唆しました。
     これに対して中国外務省は19日、「アメリカは人権問題で中国を非難しているが事実と合わない」と主張しました。
     そのうえで「オリンピックは選手たちの舞台で選手たちが本当の主役である」と述べ「スポーツの政治化はオリンピック精神に反する」と反発しました。
    2021/11/19 19:57
    テレ朝


    【【中国】外務省、スポーツの政治化はオリンピック精神に反する】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637336116/
    1 マスク着用のお願い ★ 2021/11/20(土) 00:35:16.93 ID:iIFqTR9f9
    https://www.jiji.com/sp/article?k=2021111901236&;g=int

    国連、彭帥さん所在確認要求
     【ジュネーブAFP時事】国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)報道官は19日、行方不明の中国のプロテニス選手、彭帥さん(35)について「どこにいるのか、元気でいるのか、はっきりさせることが重要だ」と中国に求めた。ジュネーブで記者団に語った。
    また「性暴力を受けたという彭帥さんの告発に関し、完全な透明性を持った調査を行うよう強く求める」と訴えた。
    2021年11月19日21時21分
    時事通信


    【【国連人権高等弁務官事務所】中国に、中国のプロテニス選手の所在確認要求】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637336986/
    1 マスク着用のお願い ★ 2021/11/20(土) 00:49:46.32 ID:iIFqTR9f9
    https://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000235726.html

    「五輪へ警告」人権団体が不明テニス選手の救出訴え
    消息不明の中国の女子テニス選手について人権団体がアスリートに救出を呼び掛けです。
     国際人権団体の「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」は18日、中国の元副首相との性的関係を告発後、消息が途絶えた女子テニスの彭帥選手について「オリンピックへの警告」とする記事を発表しました。
     記事では、「オリンピックは人権への犯罪をスポーツでごまかすイベントではない」と中国政府を非難し、北京オリンピックの参加選手やスポンサーも彭さん救出のために声を上げるべきだと訴えています。
     また、IOC(国際オリンピック委員会)の消極的な態度も「中国政府寄り」だと批判しています。
    2021/11/19 18:27
    テレ朝


    【【国際人権団体】オリンピックは人権への犯罪をスポーツでごまかすイベントではない、と中国政府を非難】の続きを読む

    このページのトップヘ