あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: ニュース速報

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637332596/
    1 あしだまな ★ 2021/11/19(金) 23:36:36.32 ID:L33k5fMv9
    島根県邑南町で15日、野生のニホンザル1匹が女性に噛みついてケガをさせました。
    サルはそのまま逃走。捕獲作戦をカメラが追いました。
    3人がかりで押さえつけられているサル。人を襲ったとして、16日捕獲されました。
    「サルが頭に乗っている。動くと噛み付いて来る」。事の発端はこんな通報でした。
    15日午後4時半頃、島根県邑南町の民家で、この家に住む70歳の女性が庭のタマネギを取ろうとしたところ、野生のニホンザルに襲われました。女性は携帯電話で110番通報。サルは女性の左腕に軽いけがをさせて逃げました。
    サルはその後、矢上駅前の民泊施設にも現れました。
    サルにしがみつかれた三宅光栄さん
    「玄関の前に来て、傘立ての上にいたり鉄骨の上を歩いたり、玄関を開けようとしました。僕も町の方と保護しようと外へ出たら足にしがみついてきました。太ももに上がってきたので、持っていた竹の棒で振りほどきました」
    16日早くから、町がサルの捕獲に乗り出し、午前10時半過ぎに職員が捕まえました。
    捕まえた町職員
    「呼んだら来たんです。呼んだら来たんで、上がってくるところを手で捕まえました。呼んだら来たんで」
    サルを呼んだら来たので、手で捕まえたそうです。
    サルは体長40センチから50センチ、体重6キロのメスで、殺処分されるということです。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac3757da4b77e55af2d8223c3bf866e762c3a1a5



    【【島根】「サルが頭に乗っている。動くと噛み付いて来る」110番通報→町職員が呼ぶと近付いてきたので手で捕獲 殺処分に】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637300771/
    1 あしだまな ★ 2021/11/19(金) 14:46:11.55 ID:SfH32GtP9
    コロナ禍で、空前のバイクブームが到来しています。キーワードは「リターンライダー」です。
    ■バイク入荷「半年待ち」も販売3割増
     大自然に囲まれながら快走するバイク。紅葉が美しいこの時期、人気なのが「ツーリング」です。
     ライダーたちに人気の道の駅は、満車状態。今、空前のバイクブームが巻き起こっています。
     都内のバイク販売店では、半年以上の入荷待ちをしている客もいるほどの人気ぶり。こちらの店では、1年半前に比べて、販売台数が3割増加しています。
     SCS上野店・佐藤勇店長:「この辺の機種は、特に人気があり、予約から半年以上、7、8カ月待つ」「電車とかバスとか、公共の密を避けるため、オートバイが見直されている。バイクで通勤しようという方が、かなり増えている」
     コロナ禍で「密を避けられる移動手段」として人気が高まる一方で、海外の工場がロックダウンした影響などから、品薄状態が続いているそうです。
    ■子育て後“リターンライダー”増加
     山梨県道志村。神奈川県相模原市から山中湖へと抜ける関東屈指の人気ツーリングルートは、大勢のライダーでにぎわっていました。
     最近、増えているというのが、バイクに乗る女性「バイク女子」です。
     バイク女子:「自分で運転してる感が、すごいあって楽しい。風を感じられるところ。そういうところが魅力」「増えました、バイク乗ってる女の子。うれしいです。前は、男性の乗り物だったんで。女の子が増えて、すごいうれしい」
     ファッションと同じように、愛車で自分を表現できるのが楽しいと話します。
     さらに増えているのが、「リターンライダー」です。
     男性ライダー(60代):「新宿とか渋谷とか世田谷とか、あの辺が多かったよね。これもんで、風防これもんで付けて、ナナハン(750cc)で、バリバリバリバリと。世間に迷惑を掛けていた。でも、もう女房、子ども、孫もいるので、おとなしくなって。20年後にまた復活して」
     男性ライダー(60代):「大体皆さん、境遇は同じですね。子育て終わって、少し楽しもうと。小さなバイクから始めたら、体の運動にも良いと」
     若い頃にバイクに乗っていて、再び自分の時間ができた「リターンライダー」が増加。
     子どもが自立し、家計にも余裕ができたため、若い頃は買えなかった値の張る人気車種を買ったり、こだわりのパーツを購入し、カスタマイズを楽しんだりするそうです。
    ■教習所“歴史的人気”「予約取れない」
     バイク人気に伴って、この教習所でも、バイクの免許取得を目指す人が増えているそうです。
     この教習所では、去年6月、最初の「緊急事態宣言」が解除された直後から、入所の申し込みが殺到。今年10月までの入所者は、コロナ前の同じ時期に比べて2.5倍となる2612人。昭和35年の開校以来、最も多い歴史的な年になりました。
     武蔵境自動車教習所・玉川勝所長:「二輪の技能教習は予約が取りにくい状況」「(Q.どのくらい待つんですか?)入所から1カ月ほど後に、教習開始になる」
     新規ライダーも続々参入していて、ブームはまだまだ続きそうです。
     リターンライダー:「皆仲間だし、お互いすれ違ったらピースやったり。すぐ、お友達になれるわけ。そういうのが楽しいのよ」
    (「グッド!モーニング」2021年11月19日放送分より)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/15f08e24a21b7f823214cc1c9c59856ddb1695af



    【【社会】空前のバイクブーム到来!入荷「半年待ち」も販売3割増、「リターンライダー」増加、教習所“歴史的人気”「予約取れない」】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637297022/
    1 蚤の市 ★ 2021/11/19(金) 13:43:42.00 ID:pxz1QZzy9
     中国の王毅国務委員兼外相は18日、日本の林芳正外相との電話協議で歴史や台湾問題に触れ、「両国関係の政治的基盤や信頼に関わる重要な問題であり、一線を越えてはならない」と要求した。中国外務省が発表した。
     王氏は一方で来年の日中国交正常化50周年にも言及し、「2国間関係を正しい方向に進める機会とすべきだ」と関係改善を呼びかけた。中国外務省の発表によると、林氏も「相違を適切に管理し、安定的かつ建設的な日中関係の構築を推進したい」と述べたという。
     また、王氏は「日米は同盟国で、中日は引っ越しできない隣人だ」と指摘したうえで「中国と米国は将来に関する戦略的な問題について話し合っている。日本も状況を把握し、中国や米国との関係を適切に処理することを期待する」とけん制した。【北京・岡崎英遠】
    毎日新聞 2021/11/19 11:30(最終更新 11/19 11:31) 342文字
    https://mainichi.jp/articles/20211119/k00/00m/030/083000c



    【「日本は一線越えてはならない」 中国外相、台湾問題でけん制】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637289416/
    1 鬼瓦権蔵 ★ 2021/11/19(金) 11:36:56.75 ID:c4cjA3Av9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/fdcf3df20ef72613c06acbebd2df9a1f0effce8a

    「レクサスLC−500」




    【ニューヨーク時事】米有力消費者情報誌コンシューマー・リポートが18日発表した今年の自動車ブランド別の信頼性調査ランキングで、トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」が首位となった。
    2位は「マツダ」、3位は「トヨタ」で、上位を日本勢が独占した。
    4位は日産自動車の高級車ブランド「インフィニティ」、6位に「ホンダ」、7位に「SUBARU(スバル)」、8位にホンダの高級車ブランド「アキュラ」、9位に「ニッサン」が入り、上位10ブランド中、八つを日本勢が占めた。
    他の上位ブランドでは、米ゼネラル・モーターズ(GM)の「ビュイック」が5位、ドイツBMWの小型車ブランド「ミニ」が10位。
    一方、米電気自動車(EV)メーカーのテスラは電動スポーツ用多目的車(SUV)の不具合などに足を引っ張られ、27位に終わった。 
    【【アメリカ】「車の信頼性」ランキング 日本勢が上位独占!2位は「マツダ」 1位は?】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637286210/
    1 haru ★ 2021/11/19(金) 10:43:30.97 ID:A+1oJn/G9
    18日、旭川の警察署に砲弾を持った男性が訪れ、一時、近隣住民らが避難しました。
    18日正午過ぎ、旭川の70代の男性が、レジ袋に、長さ28センチ、直径8センチの砲弾を入れて、旭川中央警察署を訪れました。
    警察によりますと、砲弾は男性が40年以上前に親戚から譲り受け、自宅で保管していたもので、
    「いつか処分しなければ」と警察署に持参したということです。

    安全確保のため、警察署員や近隣住民らおよそ1500人が一時避難しました。
    自衛隊が回収して調べたところ、砲弾は旧陸軍のもので、火薬は入っていなかったとということです。

    11/18(木) 22:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9a0413289d28f581418b3763ac4404d168edc759



    【【旭川】70代男性、レジ袋に砲弾を入れ警察署を訪れる 「いつか処分しなければ」 署員ら避難】の続きを読む

    このページのトップヘ