あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 芸能・スポーツ

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637580088/
    1 Egg ★ 2021/11/22(月) 20:21:28.32 ID:CAP_USER9
     「2021沢村賞選考委員会」が22日、都内で開かれ、オリックス・山本由伸投手(23)が初受賞した。
     全委員が山本を高評価する一方で、その他の候補がいなかったと指摘した。
     村田兆治選考委員は「山本以外の投手にしっかりと意識を変えて(欲しい)。確かに、打高投低というのはありますけど、レベルが低すぎるというのも、正直そういうふうに感じます」と説明した。
     また、山田久志委員も「村田さんが言ったように、もう少し投手のレベルを全体的に上げて、沢村賞候補がいつも3、4人と、我々を困らせるような投手の出現を切に願って、レベルアップして欲しい」と続けた。
     また、堀内恒夫選考委員長は「私ももう少し頑張って欲しいなと。残念ながらセ・リーグの投手の成績では私は沢村賞を選考するには値しないと思っています。もう少しセの投手も頑張って欲しい」と付け加えた。
     一方で日本シリーズで好投したヤクルト・奥川、高橋、オリックス・宮城ら若手投手の活躍には多くの選考委員から来季以降の受賞を期待する声も挙がっていた。
     ◆選考委員 堀内恒夫(委員長)、平松政次、村田兆治、山田久志、北別府学(療養中のため書面で参加)
    スポーツ報知 11/22(月) 17:01
    https://news.yahoo.co.jp/articles/726a7d11bf7430f0740ae4c8f977301682659736

    写真 https://livedoor.blogimg.jp/azemich/imgs/7/3/734f04d2.gif
    【【プロ野球】<「沢村賞」選考委員>苦言…村田兆治氏「レベル低すぎる」山田久志氏「もう少しレベルを全体的に上げて」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637577020/
    1 jinjin ★ 2021/11/22(月) 19:30:20.34 ID:CAP_USER9
    米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手のア・リーグMVP獲得を「無理」と予想していた野球解説者の石毛宏典氏は2021年11月20日、
    自身のYouTubeチャンネルで「【緊急動画】先日の大谷翔平選手MVP動画のコメント、記事等を受けてお伝えしたいことがあります」と題した動画を公開した。

    石毛氏は予想の背景に、アメリカ人選手に票が集まるという見立てがあったことを説明。
    「大谷翔平を批判したことは一度もございません」とした。

    ■「やっぱり『アメリカ人がMVPを獲るべきだ、獲ってほしい』という...」
    石毛氏は18日に「【発表前日】大谷翔平選手がMVPを獲れない理由を話します。アメリカは...」と題した動画を投稿。
    翌19日に大リーグのMVP発表が迫る中、大谷選手のMVP獲得は「無理でしょ」「みなさん何を期待しているのかよくわからん。絶対獲ってほしいよね、日本人で初めてっていう...。無理だと思いますよ」(編集部注:大リーグでの日本人MVPはイチローさんが01年に受賞している)などと予想していた。

    大谷選手がMVPを獲れないとした理由について「ペレス(ロイヤルズ)だとかゲレーロJr.(ブルージェイズ)はもっともっと良い数字を残しているはず。冷静にみたら無理でしょ」とホームラン王争いをした打者を引き合いに出し分析。
    さらに、アメリカには「白人ナンバーワンというのが、まだ僕はある」と持論を示し、「大谷がMVPを獲るためには、もっともっと相当な数字をあげないと駄目」としていた。

    翌日、大谷選手は満票でア・リーグMVPを受賞。石毛氏の予想は外れる形となった。
    大谷選手のMVP獲得を受け、石毛氏は20日に動画を公開。
    18日の動画で、大谷選手のMVP獲得は「無理」と予想した意図を説明した。
    石毛氏は「アメリカっていつも世界のトップにいなきゃいけないんだ、っていう。経済においても軍事においても。かたや中国が台頭してきている。国技といわれるスポーツ、そういった時代背景の中で、やっぱり『アメリカ人がMVPを獲るべきだ、獲ってほしい』という、そういった選出をする国なのかなっていう感じは持っていました」と持論を示す。
    そうした根拠から「投票する記者の方が少ないんじゃなかろうか」と、大谷選手のMVP獲得が難しいと予想した理由を伝えた。

    今回のア・リーグMVP争いでは日本人の大谷選手、カナダ出身のゲレーロJr.選手、アメリカ出身のセミエン選手(ブルージェイズ)が最終候補にノミネートされ、最終的には1位大谷選手、2位ゲレーロJr.選手、3位セミエン選手という順位だった。

    石毛氏は、大谷選手の「人間性」に対する評価の高さが、周囲の選手からマスコミ、アメリカ全土へと伝わったことがMVP獲得の背景にあると分析する。
    「アメリカと中国が色々な覇権で争っている。競争も、倫理観がある中でしていかないといけませんよねっていう。そういった倫理観・モラル観を大谷翔平という若者が、野球を通じて示してくれている。そういったものが、全世界で『そうあるべきだよね、気づいていこうよ、気づかなきゃいけないよね。じゃあ大谷翔平MVPでいいんじゃないの』みたいな。そういった流れの、MVP獲得でもあるのかなという気がするんですね」

    また、アメリカ人選手に票が集まるという当初の見方を改めて示したうえで、
    「アメリカって『そういう国』なんだろうなって思ってましたんで...それを打ち破って、大谷翔平がメジャーリーグのMVPという輝かしいタイトルを獲ってくれたことは、スポーツを見る人、かかわる人、これから目指す人にとっては大きな方向付け、新しいアスリートの在り方が示されたような気がするんですね」と話した。

    動画の最後には「いいですよ、みなさん。色々なことを感じてくれて、色々なことを言って構わないんで。こっちもある面で色々なことを言うし。結果が全く違ったこともあるかもしれない。それは仕方がない話。でも、言ったことは事実なんで、否定するつもりは毛頭ないんですけど。でも、大谷翔平を批判したことは一度もございません」と伝えた。

    なお、18日に投稿した動画のタイトルは「【発表前日】大谷翔平選手がMVPを獲れない理由を話します。アメリカは...」だったが、22日12時時点で「【発表前日】大谷翔平選手のMVP獲得する・しないに関して」に変更されている。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/1536a0b82ffa1cae65a79660ba690b3e1b7c8317?page=1

    「【緊急動画】先日の大谷翔平選手MVP動画のコメント、記事等を受けてお伝えしたいことがあります」
    https://youtu.be/imB02pPlfkc

    昨夜、動画のコメント欄は閉鎖されました


    【石毛宏典、大谷のMVPは「人間性に対する評価」と分析 「倫理観・モラル観を示してくれて。じゃあ大谷MVPでいいんじゃないのみたいな」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637549555/
    1 Egg ★ 2021/11/22(月) 11:52:35.60 ID:CAP_USER9
    格闘家の朝倉未来選手(29)が22日、自身のツイッターを更新。20日放送されたABEMA『朝倉未来にストリートファイトで勝ったら1000万円』で、対戦相手について意見してくる“にわかファン”に忠告した。
     同番組で朝倉は、“喧嘩ルール”で3人と対戦。“会津伝説の喧嘩屋”久保田覚、後藤真希の弟で元タレントの後藤祐樹、Bigbangウェルター級現役王者キックボクサーのモハン・ドラゴンを相手に圧倒的な強さを見せつけ、合計96秒で3連勝をおさめた。
     しかし、今回のオーディションにこの3人以外にも、総合格闘技でポーランド2位だったというホイナツキ・パヴェウ、元ラグビー選手の寺田幸司、元プロレスラーの友寄志郎なども参加していた動画も公開され、一部ファンからはこういった選手を選ばなかったことに対して批判的な意見も上がっていた。
     朝倉はこういった声に対して「街の喧嘩自慢で手加減しすぎて勘違いさせてしまったのが原因かな ポーランドとかラグビーとかにわかが言ってるから言っとく。まあまあ強いだろうけど本気でやったら相手にはならない」と一蹴した。
     なお、朝倉は試合翌日に更新したYouTubeで、3人の対戦相手に対して「逆の立場だったらすごいことだと思うよ」「みんないい人なんだと思うけどね。ホントのワルはこんな1対1のところに出てくるほどカッコよくないですよ」と勇気を称賛。自身のYouTube企画へ出演も呼びかけた。
     なお、4人目の対戦相手として発表されながら、当日に負傷のため出場をキャンセルした元KAT-TUN田中聖については「逃げたっぽいすね。でも賢明な判断だと思うし、それもまたリアルじゃないかな」と語った。
    オリコンニュース 11/22(月) 10:56
    https://news.yahoo.co.jp/articles/a7336df4210e796fa814515c132430bb3238d37f

    写真
    https://livedoor.blogimg.jp/azemich/imgs/1/8/18df7a01.gif
    【【朝倉未来】<『1000万企画』対戦相手について意見してくる“にわかファン”に忠告>他の挑戦者候補も「本気でやったら相手にならない」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637547439/
    1 Anonymous ★ 2021/11/22(月) 11:17:19.32 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/749317f0a065db5e53f9ce432b487c8b77dd2dee

    エンゼルス大谷選手が国民栄誉賞を辞退
    11/22(月) 11:09
     松野博一官房長官は22日の記者会見で、米大リーグのア・リーグ最優秀選手(MVP)に選出されたエンゼルスの大谷翔平選手に国民栄誉賞を打診したが、大谷選手が辞退したことを明らかにした。


    【大谷翔平、国民栄誉賞を辞退】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637544623/
    1 Egg ★ 2021/11/22(月) 10:30:23.34 ID:CAP_USER9
    20日に開幕したプロ野球日本シリーズ「オリックス対ヤクルト」第1戦(フジテレビ系で放送)の平均世帯視聴率が関東地区で8・6%を記録したことが22日、わかった。同時間帯の前4週平均の6・5%を上回った。個人全体視聴率は5・1%。放送時間は午後6時からの239分間。初戦はオリックスが2点リードされて迎えた九回にサヨナラ勝ちして先勝した。関西地区は平均世帯視聴率が12・2%、個人全体視聴率は7・0%。
     また、21日にヤクルト・高橋投手が完封勝利をマークして、1勝1敗のタイとした第2戦(テレビ東京系で放送)の関東地区の平均視聴率は7・3%、個人全体視聴率は4・4%だった。午後7時から130分間の放送をカウント。関西地区は平均世帯視聴率が8・4%、個人全体視聴率が4・8%だった。(数字はビデオリサーチ日報調べ)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/231806f0cf76c97dfea919a1e0de73e923982194



    【【プロ野球】<日本シリーズ・シリーズ「オリックス対ヤクルト」視聴率>第1戦8・6%、第2戦7・3%...】の続きを読む

    このページのトップヘ