あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 芸能・スポーツ

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632862826/
    1 久太郎 ★ 2021/09/29(水) 06:00:26.03 ID:CAP_USER9
    グループA
    パリSG 2−0 マンチェスター・シティ
    [得点者]
    イドリッサ・ゲイェ(前半08分)PSG
    リオネル・メッシ (後半29分)PSG
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146815


    ライプツィヒ 1−2 クラブ・ブルージュ
    [得点者]
    クリストファー・ヌクンク(前半05分)ライプツィヒ
    ハンス・ファナケン   (前半22分)クラブ・ブルージュ
    マッツ・リッツ     (前半41分)クラブ・ブルージュ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146816


    グループB
    ポルト 1−5 リバプール
    [得点者]
    モハメド・サラー  (前半18分)リバプール
    サディオ・マネ   (前半45分)リバプール
    モハメド・サラー  (後半15分)リバプール
    メーディ・タレミ  (後半30分)ポルト
    ロベルト・フィルミノ(後半32分)リバプール
    ロベルト・フィルミノ(後半36分)リバプール
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146817

    ※南野拓実は後半21分から出場

    ミラン 1−2 アトレティコ・マドリード
    [得点者]
    ラファエル・レオン    (前半19分)ミラン
    アントワーヌ・グリーズマン(後半39分)アトレティコ
    ルイス・スアレス     (後半52分)アトレティコ PK
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146818


    グループC
    アヤックス 2−0 ベシクタシュ
    [得点者]
    スティーヴン・ベルフハイス(前半17分)アヤックス
    セバスティアン・ハラー  (前半43分)アヤックス
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146794


    ドルトムント 1−0 スポルティングCP
    [得点者]
    ドニエル・マレン(前半37分)ドルトムント
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146819


    グループD
    シャフタール 0−0 インテル
    [得点者]
    なし
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146814


    レアル・マドリード 1−2 シェリフ・ティラスポリ
    [得点者]
    カリム・ベンゼマ   (後半20分)レアル・マドリード PK
    J・ヤフシボエフ   (前半25分)シェリフ・ティラスポリ
    セバスティアン・ティル(後半44分)シェリフ・ティラスポリ
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/game/top/20146820


    UEFA-CL 順位表
    https://soccer.yahoo.co.jp/ws/uefa/standings/41



    【【サッカー】UEFA-CL第2節 PSG×マンC、ポルト×リバプール、ミラン×アトレティコ、レアル×シェリフなど 結果】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632849606/
    1 ひかり ★ 2021/09/29(水) 02:20:06.51 ID:CAP_USER9
     小川彩佳アナ(36)がメインキャスターを務める「news23」(TBS系)が28日、ジャニーズの人気グループ「嵐」のメンバーで同アナの?元彼?櫻井翔(39)の結婚を放送した。
     この日、櫻井と相葉雅紀はそれぞれ一般女性との結婚を発表。それを受けて、同番組でも2人の結婚をVTRでまとめて報じた。小川アナはニュースを紹介する際、画面に映りこんだものの、言及することはなし。無表情のまま、VTRが終わると、番組は新型コロナのニュースに移った。
     小川アナと櫻井の熱愛が報じられたのは2017年2月のこと。同アナの自宅に櫻井が入り浸っている様子をキャッチされた。
    「櫻井は『news zero』のキャスター、小川アナは当時『報道ステーション』のサブキャスターで、それぞれ家柄も申し分なく、お似合いカップルとして好意的に受け止められました」(ワイドショー関係者)
     ところが、翌18年4月に2人は破局。櫻井は、4か月後にミスコングランプリにも輝いた女子大生との熱愛が報じられ、一方の小川アナは19年2月、医療ベンチャーを経営する一般男性との結婚を発表した(のちに離婚)。
     元カレの結婚をニュースとして紹介した小川アナ。心中では祝福しているのだろうか。
    東京スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/d345767751a8429fdd84cf3ed5b0f87f768b0b81



    【【テレビ】小川彩佳アナ “元カレ” 嵐・櫻井翔の結婚ニュースを無表情で報じる】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632840983/
    1 BFU ★ 2021/09/28(火) 23:56:23.43 ID:usndSXOd9
    体調不良で25日に連絡が取れなくなり警察が死亡を確認
    簡易PCR検査で陽性反応
    TwitterID
    @youtube82738016


    【【訃報】ユーチューバーのヒロシさんがコロナとみられる肺炎で死亡…】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632833706/
    1 muffin ★ 2021/09/28(火) 21:55:06.41 ID:CAP_USER9
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/28/kiji/20210928s00041000525000c.html

     暴走族の元総長という異色の経歴を持つ落語家・瀧川鯉斗(37)が28日放送のカンテレ「やすとも・友近のキメツケ!※あくまで個人の感想です」(火曜後8・00)に出演。食事への強いこだわりを明かした。
     瀧川は「豚カツに直接ソースをかける人の意味が分からない」と口にする。「せっかくサクサクにしていただいたものを、あえてべチャッと付けるところがどうかなと。味も変わる」と説明。さらに「家で食べるのはいいかもしれないが、職人さんが揚げたての本当においしいやつにかけるって…」と再度不満を示し、直接かける人は「食通ではない!」と断言した。
     ここでお笑いコンビ「ロザン」の菅広文(44)が「後輩がよかれと思ってソースをかけるとかどうなんですか?」と質問。すると瀧川は「弟子やったら張り倒してますよ!」と即答。「所作を教えなきゃいけない、落語界は」と続けて、他の出演者を笑わせた。
     また、瀧川は寿司の食べ方にも一家言あり。「お寿司で、米にダイレクトにしょうゆを付ける人はダメ。『こいつ、寿司の食べ方知らねぇな』と思います」と断定的に語る。「酢飯は職人さんが調節してくださってる黄金比の米粒」として、そのまま食べるのが正解と主張。ここで菅が「もし弟子が…」と再度問うと、瀧川は「張り倒します!」と豚カツの時と同じ返答。菅は「すぐに手が出ますね」と冷やかしていた。


    【【芸能】暴走族元総長落語家・瀧川鯉斗、「豚カツに直接ソースをかける人の意味が分からない」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1632756666/
    1 jinjin ★ 2021/09/28(火) 00:31:06.62 ID:CAP_USER9
    惨敗エンゼルスへの率直な思い「球団は好き。ただ、それ以上に勝ちたい」

    ■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

    エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、マリナーズとの今季本拠地最終戦に「2番・投手」で出場し、7回10奪三振5安打1失点と好投したものの勝敗付かず。今季10勝目はならなかった。
    両リーグでは1918年にベーブ・ルースが記録している2桁勝利&2桁本塁打の快挙達成は、3度目の持ち越しとなった。
    チームは救援陣が崩れ、1-5で力負け。試合後、大谷はチームへ抱く率直な思いを明かした。

    「エンゼルスに残留したい気持ちは」。
    約17分の記者会見。
    大谷は米メディアのストレートな問いかけに偽りのない本音を打ち明けた。
    「そうですね。もちろんファンの人も好きですし、球団自体の雰囲気も好きであるので。ただ、それ以上に勝ちたいという気持ちが強いですし、プレーヤーとしてはそれの方が正しいんじゃないかなと思っています」

    4年目の今季は9勝&45発。
    キャリアハイはもちろん、断トツのMVP候補に挙がる活躍を見せている。ただ、チームはポストシーズン進出争いにさえ加われない低迷ぶり。
    本来ならトラウト、レンドンらの強力打線が引っ張るはずが、今季は主力選手に故障者が続出した。
    さらに「プレーオフを逃し、フラストレーションが溜まることはあるか」という質問に、ここでも本音を打ち明ける。
    「ありますね、やっぱり。もっともっと楽しいというか、ヒリヒリする9月を過ごしたいですし。クラブハウスの中もそういう会話で溢れるような9月になることを願っていますし、来年以降そうなるように頑張りたいなと思います」

    新戦力の突き上げに期待できないエンゼルスの現状
    ただ、現状のエンゼルスの未来は決して明るくない。
    大リーグ公式サイトが選出する若手有望株トップ100のうち、エンゼルスの選手は今季デビューした左腕デトマーズら2投手だけ。
    マイナーからの突き上げも多くを期待できない上、トラウト、レンドンら大型契約の野手陣が多い。
    抜本的な戦力補強に限りがあるのが現実だ。
    大谷は「周りを左右するのは難しいこと。僕は僕で個人としてチームにどうやって貢献できるのかを考えてやりたい」と自身に視線を向けた。
    だが、現時点ではトラウト、大谷の2大スターの全盛期を無駄にしていると言わざるを得ない。
    「なかなか主力が帰ってこないとなって、モチベーションとかがズルズルいった印象。このままでは勝てないんじゃないかなと思います」。
    少なくとも大谷が会見でここまで“ぶっちゃけトーク”するのは異例中の異例だ。球団側との契約延長についての話し合いは「現時点ではないですね」と話す。
    FAとなるのは2023年オフ。たとえエンゼルスから移籍となってもおかしくない。

    この日の7回降板後、大谷はダグアウト内で商売道具のバットを叩きつけた。
    日頃は冷静なスーパースターがファンやカメラの“視線”がある中での怒りを見せたのは、相当なレアケースだ。
    大谷は「やっぱり7回をゼロで抑えたかった」と理由を語ったが、決してそれだけが理由だけではないだろう。

    「チームを勝たせなきゃ二刀流をやる意味はない」と語っていたのは恩師・栗山英樹監督だ。
    ただ、大谷が投打でベストなパフォーマンスを見せても伴わないチーム戦績。大谷も来年7月5日で28歳になる。
    エンゼルスがオフにどのような動きを見せるのか注目だ。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/b1241e4b01763bf9c813504e100fab03ba54ab68



    【【MLB】大谷翔平、メディアからの「エンゼルスに残留したい気持ちは?」の質問に率直な思い 「球団は好き。ただ、それ以上に勝ちたい」】の続きを読む

    このページのトップヘ