あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 芸能・スポーツ

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1635221796/
    1 記憶たどり。 ★ 2021/10/26(火) 13:16:36.13 ID:egny9Jxx9

    漫画家の白土三平さんが死去
    https://twitter.com/5chan_nel
    (5ch newer account)
    【【訃報】漫画家の白土三平さん死去。「カムイ伝」の第三部はもう一生読めない】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635204027/
    1 ひかり ★ 2021/10/26(火) 08:20:27.78 ID:CAP_USER9
    今季限りで日本ハムを退任する栗山英樹監督(60)の後任として、日米4球団でプレーしたOB新庄剛志氏(49)の新監督就任が内定したことが25日、分かった。同氏の球界復帰は、現役を引退した06年以来、16年ぶりとなる。水面下での球団側の打診を、すでに内諾したとみられ、来季の組閣に着手しているもよう。球団は近日中にも、「新庄監督」誕生を正式に発表する見通しだ。
         ◇     ◇     ◇
    数々のパフォーマンスで北の大地を沸かせたエンターテイナーが、来季16年ぶりに日本ハムのユニホームに袖を通す。日本ハムの来季新監督に、球団OBの新庄氏の就任が決定的となっていることが、複数の関係者の話で明らかになった。今月16日に、10年間指揮を執った栗山監督が退任を発表。球団は複数の候補から後任を絞り込み、新庄氏に一本化していた。水面下では、すでに本人への打診を済ませており、同氏も内諾。組閣を進めているもようだ。球団はシーズン終了を待たず、近日中に「新庄監督」誕生を正式に発表し、11月上旬にも就任会見が行われる見通しとなった。
    日米4球団でプレーした新庄氏は、現役時代に日米通算1524安打を記録。日本でゴールデングラブ賞10度の外野守備では、的確な打球判断やコミュニケーション能力で、鉄壁を誇った日本ハム外野陣の司令塔として活躍した。現役時代に右中間を組み、4代目GMへの就任が決まった盟友の稲葉氏と、3季連続Bクラスに沈むチーム再建へ、再びタッグを組むことが確実となった。
    派手なパフォーマンスが話題先行となりがちだが、人一倍の努力家で練習の虫でもある。ある関係者は「しっかりとした野球理論を持っていて、周囲にパワーを与えてくれる人」と評する。新型コロナ感染防止による入場制限に、チームの低迷も加わって、集客が落ち込んでいる本拠地の札幌ドーム。かつて、プロ野球チームが誕生したばかりの北海道に、野球人気を根付かせたスーパースターが「チーム再建と人気回復」の2つの使命を胸に、北の大地に戻ってくる。
    日刊スポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c7a4bad112f48535a97a34c58fa02b86212ff700



    【【野球】日本ハム新監督新庄剛志氏の就任内定 来季組閣に着手、近日中正式発表へ】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635199433/
    1 ジョーカーマン ★ 2021/10/26(火) 07:03:53.29 ID:CAP_USER9
    元モーニング娘。の後藤真希の約10年ぶりの写真集「ramus」(講談社より11月29日発売)より、詳細とランジェリーカットなどが公開された。
    後藤真希、10年ぶり写真集「ramus」発売決定
    モーニング娘。として13歳で鮮烈なデビューを遂げてから22年。
    奇跡とも思える透明感あふれるビジュアルで、後藤が自身10年ぶりとなる写真集を発売。
    アイドル時代を経て、ひとりのアーティストとして、ひとりの女性としてさまざまな経験を重ねオトナになった今だからこそ表現できる「自分らしさ」。
    36歳、後藤のありのままの姿、そして素直な想いを1冊に凝縮させている。
    「オトナになった今が、1番飾らない自分でいられる」そんな想いを抱いての、ほんの少しのエスケープ。
    開放感に満ちた空間で、光を浴び、風を感じながら自らを解き放った姿を追った。
    夏のある日プールではしゃぎ、朝食のフルーツをほおばるチャーミングな様子、バスタイムのピュアな姿、リラックスタイムに放った美しい肢体…。
    奇跡の36歳とも語られる圧倒的透明感。
    女性が憧れる、思わず触れたくなるやわらかな肌、ヌーディーな世界に宿るその輝きを存分に感じられる、スペシャルな写真集だ。
    後藤真希 コメント
    後藤は写真集について「約10年ぶりの写真集。36歳になった私がまた1つ作品を残せる事を嬉しく思います。そして、今回この1冊を自分自身でみて、今までの私よりもっとナチュラルに自然な私で居ることに気付きました。肩の力を抜いて、沢山笑って、とても楽しい撮影でした」と撮影を振り返る。
    「是非沢山の方に手にとっていただけたらと思います」とコメントした。
    全文
    http://mdpr.jp/news/detail/2835099

    後藤真希、セクシーランジェリー姿披露! 10年ぶり写真集「ramus」














    【【アイドル】「奇跡の36歳」元モー娘。後藤真希、セクシーランジェリー姿解禁!10年ぶり写真集発売】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635196956/
    1 鉄チーズ烏 ★ 2021/10/26(火) 06:22:36.28 ID:CAP_USER9
    2021年10月25日 22時02分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0126695




     俳優のニコラス・ケイジ(57)が、妻で女優のリコ・シバタ(27)と雑誌の表紙を初めて飾った。トム・フォードの黒のペアルックで決めた二人は頬を寄せ合い、ラブラブぶりを見せつけている。
     二人が登場したのはアメリカのファッション&カルチャー誌「Flaunt」の表紙とグラビアで、撮影は記録的猛暑となったラスベガスで行われた。ニコラスは「僕たちはある意味、歴史的なことをやったんだ。47度という気温の中で撮影をしたり、砂のお城を作ったり。今までにこんなことをやったことがある人がいるとは思えないな。リコはすごく気に入っていたよ!」とウキウキだった。
     ニコラスとリコは、園子温監督の映画『プリズナーズ・オブ・ゴーストランド』(2021)の滋賀県での撮影で出会い、交際に発展。今年2月にラスベガスで結婚した。ニコラスにとっては5度目の結婚となった。(朝倉健人)
    【【海外】ニコラス・ケイジ、新妻リコ・シバタとラブラブ!雑誌の表紙を飾る】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1635167574/
    1 湛然 ★ 2021/10/25(月) 22:12:54.50 ID:CAP_USER9
    「朝ドラ」で記憶に残る作品は? 2000人が選んだ「名作ランキング」ベスト10を大公開! 10/25(月) 8:02 現代ビジネス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/126eca4d4396afca6fb358ed59989f8450d43fe6

     現在、放送されている“朝ドラ”こと連続テレビ小説「おかえりモネ」は、朝ドラ第104作の作品である。朝ドラがはじまったのは60年前の1961年(昭和36年)。それからずっと日本の朝の時間に欠かせない国民的ドラマとして年に2回、半年ごとに新作が放送されている(1年1作のときもあった)。
     昭和の「おしん」、「澪つくし」、平成の「ふたりっ子」、「ちゅらさん」、「ゲゲゲの女房」、「あまちゃん」、「あさが来た」、令和の「エール」等々……時代ごとに印象的な朝ドラが誕生している。そのなかで最も記憶に残る朝ドラは何か――。
     現代ビジネス編集部ではYahoo! ニュースと共同で、7月13〜14日に、2000人にアンケートを実施。過去の視聴率やSNSでの評判を基準に、編集部が「人気がありそう」だと判断した10作品を選択肢とし、その他の作品にも投票してもらうことで、Yahoo!  JAPANユーザーの「最も記憶に残る朝ドラ」を調査してランキングを作成した。
     以下はそれぞれ、記憶に残る朝ドラ第1位から第5位までにランクインした作品への投票理由である。
     第1位:今までの朝ドラではない奇抜な感じがよかった(50代男性)
     第2位:ストーリーが衝撃的だった(50代男性)
     第3位:家族みんなで見ていたから(40代女性)
     第4位:明るく元気なヒロイン(20代男性)
     第5位:主人公の前向きさと主題歌がマッチしていてよく口ずさんでいたから(40代女性)
     これらの意見がどの作品を表しているか、熱心なファンならすぐわかるだろうか。(※中略)
    ◆近年の「朝ドラブーム」の立役者
     第1位:あまちゃん(2013年度前期・568票)
     「今までの朝ドラではない奇抜な感じがよかった」(50代男性)と評されたのは「あまちゃん」。
     東京から東北の架空の町・北三陸市にやって来た主人公・天野アキ(能年玲奈、現・のん)が海女になって地元を盛り上げようとする物語だ。海女の活動はいつしか地元でできた親友ユイ(橋本愛)とコンビを組んだアイドル活動に発展して、東京デビューの話まで持ち上がる。東京か地元か迷うアキが選択するのは――。
     アキやユイのフレッシュさに加えて、宮藤官九郎の脚本がこれまでの朝ドラにないユーモラスなノリだったことや、アキの母親・天野春子(小泉今日子)や有名女優・鈴鹿ひろ美(薬師丸ひろ子)らによる80年代カルチャーの思い出がふんだんにちりばめられ、新たな視聴者を多く取り込み、“朝ドラブーム”を作り上げた。朝ドラを見てリアルタイムでSNSに感想やイラストを投稿することなどが流行っていまも続いている。
     そのほかの意見を見ていこう。
     面白かったし主人公役の子がフレッシュで可愛かった(40代女性)
     朝ドラで初めて通してみるくらい面白かった、さすがクドカンである(40代男性)
     可愛くて観ていて元気が出た。「じぇじぇじぇ」が強く印象に残っている(30代女性)
     東日本大震災の悲しい状況に元気を与えてくれた。また、デリケートなシーンなどにも制作者の配慮を感じ、好感が持てました(40代男性)
     「あまちゃん」を1位に推す声には、ドラマのおもしろさや能年玲奈の魅力に関する記述が多い。
     また「じぇじぇじぇ」という岩手の方言が印象的だったという意見も多かった。「じぇじぇじぇ」はその年の流行語大賞にも選ばれて(ちなみに「半沢直樹」の「倍返し」も同年、流行語大賞に選ばれている)、五感を刺激するキャッチフレーズの強さを感じる結果となった。
     コメディタッチのドラマながら、2011年に起こった東日本大震災からの復興の思いもこめられていたことも多くの感動を呼んだ。

    第1位:あまちゃん(2013年度前期・568票)
    第2位:おしん(1983年度・520票)
    第3位:ゲゲゲの女房(2010年度前期・199票)
    第4位:ちゅらさん(2001年度前期・179票)
    第5位:あさが来た(2015年度後期・108票)
    6位「なつぞら」(2019年度前期・98票)
    7位「あぐり」(1997年度前期・49票)
    8位「カーネーション」(2011年度後期・47票)
    9位「澪つくし」(1985年度前期・30票)
    10位「ちりとてちん」(2007年度後期・25票)


    【【NHK】「朝ドラ」で記憶に残る作品は? 2000人が選んだ「名作ランキング」ベスト10を大公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ