あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 芸能・スポーツ

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634990126/
    1 Anonymous ★ 2021/10/23(土) 20:55:26.70 ID:CAP_USER9
     岸田政権が発足し、少子化担当相に野田聖子議員を起用された。衆院選でも争点の一つになる子育て問題。しかし、少子化が進む日本において有効な対策を打てずにいる。『僕が親ならこう育てるね』で子育て&教育論を上梓したひろゆき氏は、日本政府が打ち出す少子化対策として「1000万円支給」を提案する。
    本気で少子化対策しているとは思えない政府
    ――日本の少子化対策についてはどういう印象をお持ちですか?
    ひろゆき:新型コロナウイルスに関する給付金の配り方ひとつ見ても、「日本政府は本気で少子化対策をするつもりがあるのか」と思います。
     二世議員が多いことでもわかるように、やはり政治家の多くは恵まれた家庭で育ったので共働き世帯の子育てがわからないのか、それとも自分たちの支持層以外にはお金を配りたくないのか、「少子化対策が必要」と言うくせに、子育てを困難にさせる状況が出てきます。ある意味、「故意なのでは?」と思えてくるくらいです。
     日本という国で子育てをするのには、多くのハードルがあります。育児休暇も取得しにくく、地域によっては認可保育園へ子どもを預けることも狭き門ですよね。
    中略
    子ども1人につき1000万円を支給する
    ――ひろゆきさんはどんな政策が適切だと思いますか?
    ひろゆき:例えば「2022年中に生まれた子どもに1000万円の補助金」というキャンペーンをやったとします。すると、2022年に向けて結婚したり、産休&育休が取得しやすい仕事に転職したりする人が出てくるはずです。
     日本人の20代前半の平均年収は263万円です(2020年国税庁調べ)。あまり仕事が好きではない人の中には、子どもを産んで年収の4倍のお金をもらったほうが得だと考える人が増える可能性があります。
     このキャンペーンを実施すると、2022年に生まれる子どもは多くなり、結果、オムツや粉ミルクなどベビー用品を扱う企業の売り上げが軒並み上がります。その後、幼稚園、小学校、塾とベビーブーム世代が上がってくるので、行政は学校を拡充し、保育士や先生を増員。子どもを育てる環境にどんどん投資することになります。
    大人になって15年間働いてくれれば、元が取れる
    ――補助を拡充させる制度が提唱されると、財源の問題も浮上します。
    ひろゆき:「そんなことして国家予算は大丈夫?」という話もありますが、日本人の平均年収436万円から計算すると、年間合計70万円ぐらい納税していることになります。1000万円を支給して生まれた子どもが大人になって15年間働いてくれれば、元が取れるわけです。
     社会が豊かになるのは、子どもたちが納税者になる20年後になるのですが、現在の体制でアホを量産するよりは、教育環境を拡充させて、きちんと教育を受けた人を多くしたほうが結果として得になるのです。
     しかし、政治家は、長期的な視野で日本をよくするよりも次の選挙で当選するための票しか見ていません。日本人女性の出産年齢のボリュームゾーンを30〜35歳とすると、その層から票を得るよりも、人数の多い高齢者に向けて昭和の価値観を押し出したほうが安全と考えます。実際に子ども手当を実施しても大して票に結びつかず、これ以降、子育て世帯への補助金を出す政策案はなかなか出てきていませんけどね。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/535f2b19cc2e83b064378199877ba2339d27ac1a



    【【ひろゆき】本気の少子化対策を提案「子ども1人につき1000万円を支給します」「子どもが大人になり15年間働けば元が取れる」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634991457/
    1 冬月記者 ★ 2021/10/23(土) 21:17:37.93 ID:CAP_USER9
    https://news.yahoo.co.jp/articles/9e9f6bee723b4b41855f3da056c5bd8adc9bf804

    藤田ニコル“初心者ベンツ”でナメられた? 割り込み被害多発に「めっちゃムカつく!」
     モデルでタレントの藤田ニコルが23日放送のTBSラジオ「アットホームpresents藤田ニコルのあしたはにちようび」に出演。危険な割込み運転の被害を訴えた。
     リスナーからの「最近ムカついたこと」というメールを受け、藤田は「うちも最近ムカつくのがあって」とカミングアウト。続けて「車を毎日運転してるから、初心者マークもついてるからナメられやすいのか、ウィンカーも出さないで前に割り込んできたりとか、それがタクシーだったりとか。『めっちゃムカつく!』って思って、普通に危ないから(クラクションを)プッ!ってやった。初めてプッ!て押した」と報告した。
     さらに「急に来たから危ないと思って、教習所で習う学科で『ほんとに危ない時に押す』ってあったから、あんまりないと思ってたんだけど…」と困惑気味。
     共演者から「初心者マークでベンツ乗りやがって、っていうやっかみでは?」という指摘が出ると、藤田は「そういうこと? 結構多いんだよね、変な割込み。普通に危ない!っていうのが。高速とかでも。怖いって思う」と怒りが収まらない様子だった。


    【【芸能】藤田ニコル“初心者ベンツ”でナメられた? 割り込み被害多発に「めっちゃムカつく!」「初めてプッ!て押した」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634976891/
    1 muffin ★ 2021/10/23(土) 17:14:51.02 ID:CAP_USER9
    https://www.j-cast.com/trend/2021/10/22423205.html

    人気ゲーム機「プレイステーション5」(PS5)は、ゲームハードとして高い性能が評価されている。一方で、インターネット掲示板では「PS5の専用ソフトが少ない」との嘆きを見かける。
    前世代機の「プレイステーション4」や、米マイクロソフトの「Xbox Series X」「Xbox Series S」、あるいはパソコンでも遊べるソフトばかりとの指摘だ。発売からもうすぐ1年。PS5専用ソフトが少ない理由を調べた。
    ?「移行期間」はPS3→PS4でもあった
    ECサイトアマゾンの「売れ筋ランキング」で、PS5用ソフトを見てみた。21年10月22日18時現在、ランキング上位10本のうち、PS5でしか遊べないゲームタイトルは「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」のみだ。他の9タイトルは、前世代機のPS4版も同時に展開されているいわゆる「縦マルチ」ソフトか、他のハード版も出ている「横マルチ」ソフトかのいずれかだった。
    ゲームライターの松井ムネタツ氏に取材した。PS5でしか遊べないソフトは現状少なく、やはり「PS4や他機種でも遊べる」ものがほとんどだと裏付けてくれた。
    ただ、これまでも新ハードが発売されてから2年ほどは「移行期間」のような形で、「前世代」機と「現世代」機の両方で同じタイトルのゲームがリリースされることが多かったと松井氏は話す。PS3からPS4への移行時も、同様だったとのこと。
    普及しきっていない段階で、最新のハードのみに対応したソフトを出しても、高い収益を期待しづらい事情があるからだ。現在のPS5も、PS4からの移行期間にあたるとの指摘だ。
    またPS5は、PS4と高い互換性がある。ゲームソフトメーカーからすれば、ひとまずPS4用にゲームを開発すれば、PS5でも動くゲームを作りやすいという。複数のハードで遊べるなら、多くのユーザーが触れられるメリットもある。こうした理由から、現状は、無理をして作り慣れていない「PS5でしか遊べないソフト」を開発する必要性が薄いのではないかと松井氏は話した。
    ?多くの機種対応にする事情
    なぜ他メーカーのハードでも遊べるタイトルも多いのか。
    松井氏によると、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)、マイクロソフト、任天堂といった「プラットフォーマー」(ゲームハード会社)からリリースされるソフトは、そのメーカーのハードでしか遊べないものがほとんどだという。冒頭の「ラチェット&クランク パラレル・トラブル」も、PS5を手がけるSIEが販売するソフトだ。
    一方、サードパーティー(ゲームハードメーカー以外のソフト会社)のソフトだと、「横マルチ」での展開が主流になりつつあるという。PC版も含め、なるべく多くの機種で出した方が、より多くのユーザーが楽しめる。そうなれば当然、より多くの販売本数を期待できるからだ。ここ数年で特にその傾向は強まっていると松井氏は述べた。
    続きはソースをご覧下さい


    【【ゲーム】PS5発売もうすぐ1年 ゲーム機まだ買えないし「専用ソフト」も全然ない】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634924160/
    1 爆笑ゴリラ ★ 2021/10/23(土) 02:36:00.18 ID:CAP_USER9
    10/22(金) 20:28配信
    スポニチアネックス
    大久保佳代子
     お笑いコンビ「オアシズ」の大久保佳代子(50)が22日放送のテレビ朝日「上田晋也VS人気芸人 トーク検定2時間SP」(金曜後8・00)に出演し、元カレの衝撃的な言動を告白する場面があった。
     「ウザい男・ウザい女」というテーマになると、大久保は元カレとのエピソードを披露。「お金があんまり無い方だったので、おごっていたんです。最初は『ご馳走さまでした』くらいは言ってくれたんですけど、だんだん慣れてきちゃって」と、イライラ気味に。そして、あるとき「毎回女の人にお金出してもらって、プライドはないの?」と、問いかけたという。
     すると、「お前と2人でご飯を食べてる時点で、俺にプライドはない!」と衝撃的な一言が。スタジオが一時騒然となるなか、大久保は「でも、自分の想定を超えてくるセンスというかね。『それだけ人を傷つけられるんだ』って思ったら、ワォワォワォですよ」と、なぜか興奮気味に語っていた。
     その後も「50万円を2回貸したり…」と、金銭を工面したそうだが「でも、いいんですよ。エピソードトークでお金は入って来てるので!」と言い放っていた。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/167a045264362f0c920f391e0637408f6a5518db
    【【テレビ】大久保佳代子、元カレの衝撃的な一言になぜか興奮「それだけ人を傷つけられるんだ…ワォワォワォですよ」】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1634923588/
    1 爆笑ゴリラ ★ 2021/10/23(土) 02:26:28.39 ID:CAP_USER9
    10/22(金) 23:45配信
    スポニチアネックス
    西村博之氏
     西村博之(ひろゆき)氏(44)が22日放送のABEMA「ABEMAPrime」(月〜金曜後9・00)にリモート出演し、99年に創設した電子掲示板「2ちゃんねる」について語った。
     「大学生の時に暇だったので『あめぞう掲示板』に出入りしていて、自分でも作ってみようかなと思って。それが最初かな」と掲示板設立のきっかけを語った、ひろゆき氏。「2ちゃんねる」は発明か?と言われることに対し「匿名な大規模の掲示板自体は昔からいっぱいあったし、発明と言われるのは違うなと思っていました」と話した。
     さらに、日本最大級の電子掲示板にまで成長したことについては「他の人がやらなかったからかな。アクセス数が増えて、結構サーバーのメンテナンスが大変なんですけど、あの当時ってインターネットの掲示板ってもうからないんですよ。広告もそんなに来ない時代だったんで。もうからないし、トラブル多いので皆やめていく中、僕トラブル好きだったんで楽しんでずっとやっていたら残っちゃった」と笑った。
     番組に出演したお笑いコンビ「平成ノブシコブシ」の徳井健太(41)らから「悪口は全部ここから始まっている。それまではダイレクトに言われることなかった。そういう文化を作ってしまった」という意見が出ると、ひろゆき氏は「需要が元々あって、『2ちゃんねる』がすたれた後にTwitterが出来ました。需要と提供する側の問題。日本国内でやると、色々トラブルが多いので、今はそういうサービス、全部外国なんですよね。TwitterとかFacebookとか外国のサービスに行っちゃった」と現状を語った。
     昨今、ネット上でのひぼう中傷についての問題もよく聞かれるが「僕やっていた当時、僕の電話番号書いていた。本当に文句ある人はかけてくださいって普通に対応していた。それを考えると、今よりサービス対応レベル高かったんじゃないかな」と語り、「デマに関してはすごい厳しいという文化があった。2ちゃんねるのデマで泣かされた、騙されたって人はあんまりいないはずなんです。もともと理系の大学生が多かった文化ってのがあるんですけど、根拠のないものを出してくる人がいると『根拠は何なの?ソースは何なの?』ってつつくのが当たり前だった。今のネットの社会って、ソースのないものを平気でばらまいても誰も責めないってのがあるので、あの文化の方がまともだったんじゃないかなあ」と語った。
     また、今のネットユーザーに対し「騙された人が騙されたまま放置されている状態が多いので、そういうのは結構キツいよなあと思っている。騙されている人は騙されていることがわからないじゃないじゃないですか。でも、それを助けた方がいいよね、という人もいないので」と危惧。
     「2ちゃんねる」で育ったというネット漫画家のやしろあずき氏も「今ってデマに騙されて、そのまま成長していっちゃっている人が多い。2ちゃんねるの時は、こちも匿名だったんでズバズバ、デマだよって言えた。ツイッターだと、身分明かしているし争いが起きちゃう。それが怖いから、それはデマだよって言い辛い。昔の方がデマが広がりづらかった。2ちゃんねるはネタとなる嘘は許されたんですよ。デマは許されなかった」と語っていた。



    https://news.yahoo.co.jp/articles/1f67359afc2c5b8b61772e237136e1a9ac4270aa
    【ひろゆき氏、2ちゃんねるは「デマに厳しい文化あった」 今のネットは「ソースないものを平気で…」】の続きを読む

    このページのトップヘ