あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 東アジア

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1636213480/
    1 蚯蚓φ ★ 2021/11/07(日) 00:44:40.68 ID:CAP_USER



    ▲日本発嫌韓ウイルス/イ・ヒョンジュ/2021年10月20日出版/2万8000ウォン
    日本の嫌韓は昨日今日のことではない。光が強いほど影はより一層濃いと言う。片方で韓流の流れが大きくなるほど他方では嫌韓の毒きのこが広がっている。歴史的関係が密接な両国の人々の間に我と非我を分けて、他者を戯画化したり憎悪する事例を探すのは難しいことでない。
    ところが責任ある公職者・政治家・企業家が日常的に他国と民族に対して侮辱的な言葉を公開的に繰り返す国、主要な書店に特定国と民族を蔑視する内容の単行本・漫画・雑誌コーナーを用意して堂々と販売する国は現代先進文明国のうち日本の他にあるだろうか。
    嫌韓は日本で一つの政治手段であり産業・市場であり社会文化だ。
    本「日本発嫌韓ウイルス-日本支配階級のゆがんだ政治工学」は単なる嫌韓に関する話ではない。30年以上の経歴のベテラン外交官出身である著者イ・ヒョンジュ元駐大阪総領事は嫌韓というキーワードで韓日関係を深く掘り下げる。
    嫌韓論を形成する主な内容は日本の優越性と韓国の劣等生だ。嫌韓は歴史的虚構である神功王后の新羅征伐が「歴史」として記録された8世紀の古事記、日本書紀に遡る。神功王后の新羅征伐説は朝鮮後期・江戸時代の朝日国力差で日本底辺に流れた朝鮮蔑視観に溶け込んだ。結局、明治維新時代を迎えて征韓論の原形として復活した。
    現在の嫌韓論の拡大背景は1000年以上続いた朝鮮蔑視観という歴史的土台の上に韓日間国力格差の縮小ないしは韓国の追い越しにともなう韓国コンプレックスの形成、執権勢力を含む既得権勢力の国内政治的悪用などを含む。
    安倍晋三元日本総理が象徴する右翼勢力の嫌韓活用に対する知識人と言論の順応、侵略と支配を否認する日本の歴史否定主義はその共犯だ。特に米国の政府と知識社会の親日傾向が東アジア近現代史の葛藤を招いた点と嫌韓の韓国式再受容を指摘した点は示唆するところが大きい。
    マーク・ラムザイヤー米国ハーバード大教授の「日本軍慰安婦被害者=売春婦」という論文や韓国知識人が書いた自虐的著作の家系図が明らかになったわけだ。この点で題名から抜け落ちた部分がある。「日本発」の次には「韓国着」という見えない修飾語がある。
    世界の人々の普遍的見解とは異なる日本特有の独特の観点に対する説明は日本を理解する糸口を与える。最初、北朝鮮常駐韓国公務員(韓半島エネルギー開発機構新浦事務所初代代表)だった2年間の経験を生かし、日本人の心理構造と行動様式を北朝鮮住民と比較して紹介する部分も面白味を加える。
    東京=キム・チョンジュン特派員
    ソース:世界日報(韓国語)日政治権力がばら撒いておいたよじれた‘反韓感情’解剖
    https://www.segye.com/newsView/20211105511145
    【【書籍】日本の政治権力がばら撒くゆがんだ「反韓感情」を解剖~元大阪総領事が書いた『日本発嫌韓ウイルス』】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1636111547/
    1 ネトウヨ ★ 2021/11/05(金) 20:25:47.74 ID:6wyi0umH9
     一種の「巨大な暴力装置」として、少数民族への弾圧を強める中国に対して、欧米各国は非難の声を上げ始めた。一方で、日本は「見て見ぬふり」とも言える慎重な態度を取り続けている。在日ウイグル人の目には、漢民族の思想や日本の責任がどう映っているのだろうか。
     ここでは、日本ウイグル協会会長の于田ケリム氏、南モンゴル・オルドス高原生まれで静岡大学人文社会科学部教授を務める楊海英氏による『ジェノサイド国家中国の真実』(文藝春秋)の一部を抜粋。新疆ウイグル自治区で生まれ、日本ウイグル協会副会長を務めるハリマト・ローズ氏を交えて行った鼎談のもようを紹介する。(全2回の2回目/前編を読む)
    弾圧は「一部の過激派」だけの責任ではない
    楊 現在のウイグル人弾圧は、文化大革命期に内モンゴルで行なわれていたことと同じです。時代が違うだけで、やり方は同じなんです。私が『墓標なき草原──内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録』などで書いたことについて、読者から「こんなこと、本当にあったんですか?」と驚かれますが、いずれも、本人が実名で名誉回復を政府に陳情した時の報告書に書かれていたことです。
     文化大革命が終わってから、中国政府も「あれは間違いでした。一部の過激な人間がやったことです」と否定しました。しかし調査研究で当時のモンゴル人に話を聞くと、関わっていたのは「一部の過激な人間」だけではありません。文化大革命でのモンゴル人の粛清や虐殺には、共産党幹部、人民解放軍、漢民族の労働者や農民が動員されていました。
     とにかく中国は、一種の「巨大な暴力装置」になっています。文革中だけでなく、今もそうです。内部に対しても、外部に対しても、「中国」という存在自体が常に「暴力」の形を取って現れています。
     例えば、ウイグル人が酷い目に遭っていても、漢民族で「ちょっとやりすぎだよ」「やめるべきだ」と諫める人がいない。文革中にモンゴル人が大量虐殺に遭っていた時も、正義感のある漢民族の人が出てきて「やめろ」と言った事例は残念ながら見当たりません。だから虐殺が10年も続いてしまったんです。
    (略)
    日本の責任
    楊 中国の過酷な仕打ちに対して、イスラーム諸国も黙っています。同じテュルク系民族のウズベキスタン、カザフスタンも黙っている。かつて中国のウイグル弾圧を「大量虐殺」と呼んでいたトルコのエルドアン大統領も、現在は、この問題で中国と衝突することは避けています。「イスラーム世界のリーダー」を自任するイランやサウジアラビアも、何も言わない。ウイグル人は「孤立無援」の状態にあります。
    ローズ まずは口にだけでも出して、中国を非難してほしいです。人口300万人に満たないリトアニアが、ウイグルでの弾圧を「ジェノサイド」と認定しました。しかし、人口約1億3000万人で、世界3位の経済大国である日本の反応は、「注視しています」という程度です。
    于田 ウイグル人の人口は、中国全体のわずか1%以下です。とは言っても、1000万人以上いるわけです。人口が1000万人に満たない国も、世界に数多くあります。ですから、人口の規模だけで問題を軽く扱っては、そうした国々を軽視するようなメッセージにもなりかねません。

    https://bunshun.jp/articles/-/49293?device=smartphone&;page=1



    【【正論】ウイグル人「中国のジェノサイドを見過ごした漢民族も、弾圧を見て見ぬふりの日本も共犯者。政府は注視してるだけ」】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1636103029/
    1 ネトウヨ ★ 2021/11/05(金) 18:03:49.69 ID:6ySqm01U9
     台湾人の約6割が、「台湾有事の際に日本が自衛隊を派遣するだろう」と考えていることが、台湾の民間シンクタンク「台湾民意基金会」が2日に公表した世論調査で明らかになった。10月初旬にあった中国軍機による高頻度の軍事挑発の後、初の本格的な世論調査で、10月18〜20日に約1千人から得た電話調査の結果としている。
     中国は10月1〜4日、自国軍機を延べ149回の高頻度で、台湾の防空識別圏(ADIZ)に派遣。対中警戒の高まりを受け、蔡英文(ツァイインウェン)総統は同月の演説で「中国と台湾は互いに隷属しない」と主張したほか、米メディアに初めて米軍の駐留を認めた。
     同基金会によると、有効回答が得られた1075人のうち、58%が台湾有事で日本は自衛隊を派遣して台湾防衛に協力するだろうと答えた。日本が派遣しないだろうと答えたのは35・2%にとどまった。一方、米軍については、65・0%が参戦するだろうと回答。参戦しないだろうと考える人は28・5%だった。
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASPC45G6QPC4UHBI01C.html


    台湾「日本が出兵協力」58%
    中国の武力攻撃に対して
    2021/11/2 17:01 (JST)
    11/2 17:05 (JST)updated
    https://nordot.app/828174270581850112



    【【日台友好】台湾人の6割「中国が攻めてきても日本が自衛隊派遣して助けてくれる」】の続きを読む

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1636071307/
    1 荒波φ ★ 2021/11/05(金) 09:15:07.21 ID:CAP_USER
    青瓦台(韓国大統領府)は「ムン・ジェイン(文在寅)大統領のヨーロッパ巡訪期間における日韓首脳間の接触を推進しなかった」と伝えた。
    青瓦台のパク・スヒョン(朴洙賢)国民疎通首席秘書官は、韓国のラジオ番組に出演し、“岸田文雄首相に会おうとしていたが、会えなかったということなのか”という司会者の質問に「そうではない」と答えた。
    司会者は「メディアは『日韓首脳会談 “不発”』と報じている」として、先のように質問したのである。「不発」とは、計画していたことができないようになったという意味である。
    司会者は「文大統領は会わなかったのではないか。会おうとしていたが、あちら(岸首相)が会わなかったということではないか」と質問し、パク首席秘書官は「そうだ。(両首脳は)日程と動線が合わなかった。『不発』という表現は正しくない」と答えた。
    つづけて「『不発』というメディアの表現に遺憾を表する」とし「常に会おうとされているのであり、その道を進んでいく」と語った。
    また「気候・経済・平和のために開かれる多国間会議では、多くの首脳たちとそのテーマに集中することが国益のためになる」とし「日韓関係の問題に全てを集中させることは、望ましいことではない」と語った。
    岸田首相と文大統領は英グラスゴーのCOP26(第26回気候変動枠組条約締約国会議)サミットに出席することが伝えられ、両者の会談の可能性が予想されていたが、両首脳は軽いあいさつさえも交わすことができなかった。
    両首脳が共に出席するものとみられていたCOP26の最後のセッションである国際メタン誓約発足式に、岸田首相は結局姿を現さなかった。岸田首相はその時間、ジョー・バイデン米大統領と「短時間会談」を行なっていた。

    2021/11/05 08:57配信 Copyright(C) herald wowkorea.jp
    https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/1105/10321656.html



    【【韓国大統領府】「文大統領、日本の首相に会えなかったのではない」…「動線が合わなかっただけだ」】の続きを読む

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1635984298/
    1 新種のホケモン ★ 2021/11/04(木) 09:04:58.27 ID:CAP_USER
    維新・馬場幹事長「国会議員の過去の国籍を公表させるべき」
    https://sn-jp.com/archives/58769

    https://www.youtube.com/watch?v=PZt70msMAsM



    【【国籍】維新・馬場幹事長「国会議員の過去の国籍を公表させるべき」】の続きを読む

    このページのトップヘ