あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 国際

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637601118/
    1 マカダミア ★ 2021/11/23(火) 02:11:58.85 ID:SseGTdzI9
    【11月23日 AFP】新型コロナウイルスの感染が急拡大しているドイツのイェンス・シュパーン(Jens Spahn)保健相は22日、数か月後には国民の大半が「ワクチン接種か回復、あるいは死亡」のいずれかになると警告し、ワクチン接種を強く呼び掛けた。
     国立ロベルト・コッホ研究所(Robert Koch Institute)の22日の発表によると、新型ウイルスによる過去24時間の死者は62人、新規感染者は3万643人。累計の死者は約10万人、感染者は530万人超となった。
     シュパーン氏は悲観的な見方と断りながらも、この冬の終わりまでに「ドイツのほとんどの人がワクチン接種か回復、あるいは死亡のいずれかになるだろう」と警告。その原因として同ウイルスの変異株である「極めて感染力の強いデルタ株」を挙げ、「だからこそ、われわれはここまで執拗(しつよう)に予防接種を勧告している」と強調した。
     ドイツでは、数週間前から感染者が記録的に増加し、病院では集中治療室(ICU)が逼迫(ひっぱく)。当局は、感染の拡大防止を急いでいる。国内では無料のワクチン接種が広く提供されているが、接種率は68%にとどまり、流行を抑制できる水準には達していないと専門家は指摘している。(c)AFP
    https://www.afpbb.com/articles/-/3377187



    【ドイツ国民は数か月後国民の大半が「ワクチン接種か回復、あるいは死か」いずれになる 保健相が警告】の続きを読む

    引用元:https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1637510278/
    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/11/22(月) 00:57:58.02 ID:CAP_USER
    【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日午後7時10分から100分間、「国民との対話」を行った。文大統領が生放送に出演し、政策と関連する質疑応答を行うのは2019年11月以降、約2年ぶり。コロナウイルスの流行が長期間続いていることもあり、国民からは防疫と民間経済に関する質問が多かった。
     文大統領は「国民の皆さんがコロナのため苦労したが、段階的な日常回復(ウィズコロナ)に入り非常にうれしい。日常回復のおかげで国民と(久々に)意思疎通を図ることができて非常にうれしい」と感想を述べた。
     ワクチン接種を終えた人が感染する「ブレークスルー感染」の恐れや、コロナで被害を受けた自営業者などへの支援のほか、若者の失業、不動産投機問題に関する質問が出た。
     文大統領は政権の成果として韓国の防疫体制を挙げる一方、不動産問題についてはあらためて謝罪した。文政権は住宅価格の安定を目指して様々な政策を打ち出したが、それらが裏目に出てソウルを中心に不動産が急騰。マイホームを手に入れられない庶民らが強い不満を示している。
     国民との対話はKBSで生中継された。KBSが世論調査機関を通じ、年齢や性別、地域などを考慮して選んだ国民約300人が参加した。ワクチン接種を終えた約200人がスタジオで、残り約100人はオンラインで参加した。
    聯合ニュース 2021.11.21 21:48
    https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20211121001100882?section=politics/index




    「国民との対話」のもよう=21日、ソウル(聯合ニュース)
    【【文大統領】国民と100分間対話 成果に「防疫体制 ウィズコロナに入り非常にうれしい」=不動産問題は謝罪】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637444610/
    1 夜のけいちゃん ★ 2021/11/21(日) 06:43:30.59 ID:iD4EocsB9
    2021年11月21日 5時40分

    新型コロナウイルスの感染拡大が続くロシアでは、1日当たりの死者の数が1254人と過去最多となっていて、一部の地方都市では医療体制がひっ迫し、対応に追われています。
    ロシア政府の発表によりますと、20日、新型コロナウイルスの1日当たりの新たな感染者の数は3万7120人で、死者の数は1254人と、前日と同じで過去最多となっています。
    地方都市のなかには医療体制がひっ迫しているところもあり、このうちロシア極東の沿海地方では、医療機関の病床の使用率がおよそ9割となっているということです。
    このため自宅で療養する患者も多く、ウラジオストクの診療所には毎日、250件ほど往診を依頼する連絡があり、医師たちが対応に追われているということです。
    また医療従事者が不足していることから、地元の医学部の学生らおよそ90人が、ワクチン接種の支援にあたっているということです。
    学生の1人は「1日に300人か、それ以上来る時もあります。本当に大変です」と話していました。
    ロシアでは、自国製ワクチンへの不信感などから接種が遅れていて、政府は、来年2月から航空機や列車の利用者や文化施設の入場者などにワクチンの接種証明の提示を義務づける法案を議会に提出し、規制強化を進めようとしています。
    ソース https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211121/k10013356221000.html?utm_int=news_contents_news-main_001



    【【コロナ】ロシア 新型コロナ死者数が過去最多 地方都市では医療ひっ迫も】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1637420883/
    1 Egg ★ 2021/11/21(日) 00:08:03.16 ID:CAP_USER9
    秋篠宮家の長女・眞子さん(30)の夫・小室圭さん(30)が米国・ニューヨーク州の司法試験に不合格となったのは、「言語の難しさによるもの」だと英司法専門ニュースサイト「ロール・オン・フライデー」が19日伝えた。
     同サイトは、米法律事務所「ローウェンステイン・サンドラー」にパラリーガル(法律事務員)として採用された小室さんが7月に同州の司法試験を受けたが、「眞子さんと結婚した2日後に発表された合格者リストにはその名前がなかった」など、これまでの経緯を説明した。
     この結果について同サイトは「ニューヨーク州の司法試験は難しい上に、世界中のメディアの注目が集まる中で司法試験に臨むという環境はストレスだっただろう」と小室さんに同情的だ。その上で、7月の試験の合格率は63%で、外国で弁護士資格を持つ受験者では31%と“狭き門”だったことを付け加えた。
     さらに「小室氏の場合はニューヨークのフォーダム大学で勉強し、外国で資格を持つ弁護士でもないことから、まずは母国語でない英語という壁に挑むことが必要だった」とする米大手教育事業会社カプランの司法教育ディレクター、リサ・ヤング氏の話を紹介。
     同氏は「司法試験は複雑で時間制限のある書き問題や読解力を問う問題があり、英語が母国語ではない人にとっては困難」だと続けた。
     同州の司法試験は年2回で、小室さんは次回となる来年2月の試験に再チャレンジすると伝えられている。
    東京スポーツ 11/20(土) 12:28
    https://news.yahoo.co.jp/articles/073eac88c6abe1a2295157c52dbf56317906b0f6 

    写真
    https://livedoor.blogimg.jp/azemich/imgs/a/5/a59f2cd6.gif
    【【米国】<小室圭さんが合格率6割強のNY州司法試験を不合格だった理由>】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1637400744/
    1 マカダミア ★ 2021/11/20(土) 18:32:24.25 ID:vEksP9HE9
    防衛省は19日、中国軍とロシア軍の爆撃機が日本周辺の上空を共同飛行したと発表しました。
    18日には両国軍の艦艇が相次いで対馬海峡を通過するのが確認され防衛省は、特異な動きが続いているとして警戒を強めています。
    防衛省によりますと、19日、中国軍の爆撃機2機とロシア軍の爆撃機2機が、日本海から東シナ海にかけての上空を飛行したあと、沖縄本島と宮古島の間を抜けて太平洋に出たということです。
    その後、4機は同じようなルートを引き返す形で東シナ海に戻り、航空自衛隊の戦闘機がスクランブル=緊急発進して警戒監視にあたり、領空侵犯はありませんでした。
    防衛省が日本周辺での中国軍とロシア軍の共同飛行を公表したのは去年12月以来、3回目です。
    一方、18日には、中国海軍のミサイル駆逐艦とフリゲート艦合わせて2隻とロシア海軍の駆逐艦1隻が、相次いで対馬海峡を南下し、日本海から東シナ海に出たのを海上自衛隊が確認しました。
    対馬海峡は「国際海峡」で軍艦を含めて、外国の船舶の航行が国際的に認められています。
    防衛省関係者によりますと、タイミングや場所が近いことから艦艇の航行と爆撃機の共同飛行は連携した動きの可能性もあるということです。
    このほか、防衛省は、鹿児島県の屋久島周辺で中国海軍の艦艇1隻が「日本の領海を航行したと判断している」と19日夜発表し、安全保障上、特異な動きが続いているとして、目的を分析するとともに警戒を強めています。
    以下略
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211120/k10013355411000.html?utm_int=all_side_ranking-social_001



    【中国とロシアの爆撃機 日本周辺上空を共同飛行 特異な動きが続く 防衛省警戒強化】の続きを読む

    このページのトップヘ