あぜみちニュース

    人気記事

    新着記事

    カテゴリ: 国際

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627431683/
    1 影のたけし軍団 ★ 2021/07/28(水) 09:21:23.46 ID:iqxWc5vo9
    25日の体操女子予選で、ドイツチームがレオタードではなく、足首まで覆われた「ユニタード」を着て出場した。
    女性アスリートへの性的被害が問題になる中、性的魅力を過度に強調したり評価の尺度にしたりする
    「セクシャライゼーション」にあらがう意志を、五輪の場で示した。
    「セクシャライゼーション」にあらがう意志を、五輪の場で示した。
    ドイツ体操協会は「セクシャライゼーションへの反対」と意図を説明し、ユニタードは「心地悪さを感じることなく美しく見せるもの」としている。
    23日の五輪公式練習でもユニタードを着用し、ロイター通信によると、
    団体メンバーのザイツ選手は「何を着るか、女性自身が選ぶべきだと示したかった」と語った。
    体操では、米国の元チームドクターが選手に性的暴行を繰り返していた事件が発覚。
    日本でも昨年、女性アスリートが性的な対象として撮影され、画像が拡散される問題が表面化した。
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/119435




    性的視点へ抗議のユニタード ドイツ体操女子、足首まで覆う衣装
    https://mainichi.jp/articles/20210728/k00/00m/040/017000c
    【【ドイツ体操女子】性的視点へ抗議のユニタード、足首まで覆う衣装】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627317882/
    1 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2021/07/27(火) 01:44:42.03 ID:4cd033Ke9
    【北京=三塚聖平】中国外務省によると、王毅(おう・き)国務委員兼外相は26日、訪中したシャーマン米国務副長官と天津市で会談し、バイデン米政権の対中政策について「絶えず中国の限界に挑戦し、対中抑止の圧力を拡大している」と批判した。その上で「断固とした反対」を表明し、米側に対して引かない姿勢を示した。
    王氏はシャーマン氏に対し、中国の政治制度の転覆を図らず、米側による対中制裁や高関税、科学技術に関する規制を直ちに取り消すことなどを求めた。国家主権の侵害を行わないことも求め、その中で特に台湾問題に関して「もし、向こう見ずに『台湾独立』の挑発を行えば、中国はあらゆる必要な手立てをとって阻止する権利がある」と牽制(けんせい)した。
    一方で、米側に対話の継続も求めた。王氏は「双方は、絶え間ない対話を通じて理解を増進させ、誤解を取り除き、誤った判断を防ぎ、不一致をより良くコントロールすべきだ」と呼びかけた。
    産経ニュース 2021/7/27 01:03
    https://www.sankei.com/article/20210727-2WZZDZMUWBN2RMKZC3ZGNN7HTY/

    https://www.sankei.com/article/20210727-2WZZDZMUWBN2RMKZC3ZGNN7HTY/photo/VBUUCK4B55KYFOYFFF5FTAQ7QM/

    会談に臨むシャーマン米国務副長官=26日、中国・天津市


    【【中共・王毅外相】「台湾独立はあらゆる手段で阻止」シャーマン米国務副長官に強調】の続きを読む

    引用元:https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1627201677/
    1 jinjin ★ 2021/07/25(日) 17:27:57.30 ID:CAP_USER9
    <東京五輪>「ゴムのような肉、これが1600円」外信記者を唖然とさせた日本のお弁当

    東京オリンピック(五輪)をめぐる雑音が続いている。
    開幕前から所々で施設などに不満を吐露する声が続いているためだ。この中で現場で販売する弁当が不良だとし、これを公開的に批判した特派員の文章が目を引いた。

    フランスのアルノー・レジス特派員は20日、自身のツイッターに「新しい五輪スキャンダル」というタイトルで投稿し、東京五輪内メディアプレスセンター(MPC)で購入したお弁当の写真を公開した。
    メディアプレスセンターは五輪の取材記者のために用意された空間で、彼は「MPCバーガー。ゴムのような肉、冷たいパンなどこれが1600円」とし「同志のジャーナリスト、最初に食べなさい」と書いた。
    公開された写真によると、1600円のお弁当はパンや肉パティ、乾いたタマゴ焼きなどハンバーガーの材料とポテトが全部だった。
    この文章には「日本人として非常に残念だ」「恥ずかしい」など日本ネットユーザーのお詫びのコメントが続いた。
    ある日本のメディアは「1600円ハンバーガーに相次ぐ失笑…海外記者も唖然」というタイトルで彼の文章を紹介したりもした。
    一方、日本政府は新型コロナの拡大防止のために海外取材陣など五輪関係者の外部活動を遮断している。
    競技場と宿舎を除けば、どこにも行けないということだ。
    食事も同じだ。会場と宿舎で解決しなければならないが、食料品などを買いに行くとき、「15分の外出許容」など一部の例外条項を置いた。

    一方、東京新聞によると、メディアプレスセンター内食堂で販売しているメニューは計6種類で、最も安いメニューは1000円のビーフカレーだと知らされた。
    施設内に自販機も設置されたが、一部品目の場合、一般的なコンビニよりも高額であることが知らされて論議を呼んだこともある。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a085b52d69a1ec0aae74f89f5da117de15dd8a88



    【【東京五輪】「ゴムのような肉、これが1600円」 フランス特派員が東京五輪内メディアプレスセンターのお弁当の写真を公開】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627130355/
    1 Egg ★ 2021/07/24(土) 21:39:15.32 ID:1QaUxKa99
    日本最大級の掲示板サイト「2ちゃんねる」(現5ちゃんねる)創設者の「ひろゆき」こと西村博之氏(44)が24日、自身のツイッターを更新。猛暑の中で23日に開幕した東京五輪の開催時期について皮肉った。
     「猛暑の夏にオリンピックをやるのはアメリカの視聴者に合わせてるからという話だったのに、アメリカでは歴代最低視聴率だったそうです。。。」とツイート。「涼しくなった10月開催で良かったじゃん。。。」と続けた。
     ひろゆき氏のツイートにはフォロワーから「大統領が来日しないのが、全て物語っている。と思います」「アーチェリーの女子選手、熱中症で、倒れたらしいです」「アメリカ以外、皆10月を望んでると思ってましたが、アメリカもそうだったとは。。。」「10月ならもっと安心して開催できたかも…ですね」などとコメントが寄せられている。
    2021年7月24日 20時5分 スポニチ
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20584486/

    写真


    【【日本最大級の掲示板サイト「2ちゃんねる」創設者】<ひろゆき>東京五輪「アメリカでは歴代最低視聴率だったそうです。。。」】の続きを読む

    引用元:https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1627032891/
    1 ネトウヨ ★ 2021/07/23(金) 18:34:51.16 ID:1e8r/lZw9
    Olympic opening ceremony musician says Tokyo 2020 organisers excluded him for being black
    https://www.independent.co.uk/sport/olympics/tokyo-2020-opening-ceremony-musician-racism-b1889167.html

    セネガル出身のミュージシャンが、東京オリンピック開会式での演奏を断念した理由は、主催者がショーに黒人の顔を出したくなかったからだと語っています。
    日本に20年以上住んでいるパーカッショニストのLatyr Syさんは、金曜日に国立競技場で行われる開会式で演奏する予定でした。しかし、東京2020の主催者は、黒人の顔を出すことは不適切であり、幅広い人種を代表することを余儀なくされるのではないかと懸念したため、彼の役割は削除されたと告げられました。
    Syさんによると、12月に開会式への参加が決まり、4月にリハーサルのスケジュールが送られてきたそうです。また、他の仕事を断って日記を書くように指示されたり、ショーの計画を秘密にするための書類が送られたり、コロナの症状が出る可能性があるので毎日体温を測るように言われたりしたそうです。
    5月になって、契約書の送付が遅れている理由を問い合わせたところ、その後の会議でPR会社からSyに説明されたのは、主催者側が「なぜアフリカの男性が出演しなければならないのか」という理由で、彼を式典に参加させる計画を拒否したということだった。
    東京2020組織委員会の担当者は、アフリカ系の音楽家を出演させると、さまざまな人種や国籍の人を採用しなければならなくなることを懸念しているとSyは聞いた。
    「完全に人種差別です」とSyは言います。"なぜこの人なのか?なぜこのアフリカ系の男なんだ?いろんなものを見て、いろんなことを感じてきたけど、これはオリンピックには合わない。なぜ私が黙っていなければならないのか?"
    テレビでリハーサルの様子を見た彼は、自分ともう一人のセネガル人ミュージシャンの役割がすでに廃止されているにもかかわらず、自分のセクションがまだ含まれていることに気づき、動揺した。
    「それを見たとき、ただ悲しい気持ちになりました。「私はゴレという小さな島、奴隷の島から来ました。この国で20年以上暮らしてきましたが、このスキャンダラスなオリンピック...胸が痛みます。話すのは怖いけど、吐き出す準備だけはできています。私の話を共有したいのです。誰かを責めるつもりはありません。ただ、このようなことが起きたことを人々に知らせなければなりません」。
    Syさんは、これまでに多くの著名な日本人アーティストと共演し、日本政府を代表して海外で演奏したこともあります。注目を浴びることは望んでいなかったが、ソーシャルメディアに投稿したときの反応を見て、自分の経験を伝えることの重要性に気づいたという。
    また、「お金の問題ではありません。ただ、私はこのことについて悲しく、失望しています。これは不公平だ。私はこの国のためにすべてを尽くしました。1994年に来日して、日本のアーティストとあらゆるところで共演し、多くのことに参加しました。世界中を飛び回っていました。それなのに、このような結果になってしまったのです。"
    www.DeepL.com/Translator(無料版)で翻訳しました。

    http://twitter.com/sawayama0410/status/1418279299828776961

    五輪開会式、新たに黒人差別が発覚しました。



    https://twitter.com/5chan_nel
    (5ch newer account)
    【【緊急速報】東京五輪開会式、新たに黒人差別が発覚 英Indipendent紙が報じる】の続きを読む

    このページのトップヘ